ビキニラインが黒ずみやすいとされている理由について

ビキニラインは一般的にVIOラインとも呼ばれていて、女性の体の中でも特に黒ずみが起こりやすい部位だとされています。それは擦れやすい事と刺激が加わりやすい事が理由になっていて、そのどちらもメラニン色素の生成を促す要素になっています。

まず擦れやすい理由ですが、こちらは下着による摩擦や生理用品やトイレットペーパーなどとの摩擦が多いと言う物になります。

基本的に女性はトイレに行った際には必ず陰部などを拭く必要がありますので頻度が高くなりますし、Tバックなどを愛用している女性も多いのでその様な下着はビキニラインへのダメージを与えやすくなっています。

また生理中は紙ナプキンを使用している方が多いのですが、この紙ナプキンも素材によっては肌へのダメージになりますので黒ずみの原因の一つになっています。

次に刺激が加わりやすいと言う点についてですが、上記のような摩擦による刺激以外にも脱毛が大きなポイントになっています。

一般的にビキニラインを脱毛する女性は多いのですが、この時に自己処理している方は特に注意が必要になります。例えばカミソリで剃る場合には一緒に皮膚も削ってしまいますので角質層へのダメージが多大なものになりますし、毛抜きで抜いた場合でも肌へのダメージは大きくなります。

なので、ビキニラインを脱毛する場合にはエステサロンやクリニックなどで専門家に状態を確認してもらいながら行う事がベストな選択になるとされています。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

くるぶしの黒ずみは様々な要因で発生すると考えられている

NO IMAGE

お尻の黒ずみはどうして起こるの?改善法はあるの?

NO IMAGE

日常生活の中で陰部に黒ずみが出来てしまう2つの原因