デリケートゾーンの黒ずみには簡単な対策でケアできる

何だか私のデリケートゾーンは黒い気がする、年とともにデリケートゾーンがくすんできたなどのお悩みを抱えている方は意外と多いようです。人に相談することもできずにケアできずに困っている人もいますよね。実はデリケートゾーンの黒ずみは簡単な対策を取れば十分ケアできるものなのです。

まずデリケートゾーンをケアする場合多くの人がやりがちなのが洗いすぎてしまう事です。デリケートゾーンは肌の中でも非常に敏感な部分でもあるので、洗いすぎると摩擦や刺激を与え黒ずみの原因にもなるのです。ゴシゴシと洗いすぎずに丁寧にある程度自浄作用に任せるようにケアしていくことが望ましいのです。

またデリケートゾーンが黒ずんでいる方はボディソープや石鹸などのケア製品の刺激が強すぎる場合があります。デリケートゾーンのケアには石鹸が望ましくもっと言うならば弱酸性の肌に優しい石鹸が望ましいでしょう。黒ずんでいる方で多いのがアルカリ性のボディソープを使っているケースです。これは刺激が強すぎるので控えましょう。

そしてデリケートゾーンは乾燥しやすいのも特徴で放置してしまうと摩擦や刺激を与えることになりかねません。この乾燥を防ぐために保湿クリームを利用するのが望ましいですが、普段のお肌に塗るタイプではなくデリケートゾーン用の保湿クリームが存在しますのでこちらを利用するにしましょう。

またデリケートゾーンのムダ毛処理についてですが、剃刀はあまり利用せずに電気シェーバーを利用することをオススメします。剃刀は肌を傷つける可能性が有り、黒ずみの原因となりかねません。またムダ毛処理の時はシェービングを利用して上から下へ処理するのがコツです。

このような簡単な対策を施していけば、デリケートゾーンの黒ずみも解消されコンプレックスを抱えることも無くなるのです。

デリケートゾーンの黒ずみの理由とその解消法とは?

デリケートゾーンの黒ずみは多くの女性が悩みながらもなかなか人に相談できないものです。そもそもデリケートゾーンが黒ずむのはメラニン色素の沈着によるもの。このメラニン色素沈着の原因は大きく三つあります。

一つ目はシェーバー等で処理をしたり、トイレットペーパーで強く拭いたり、ナプキンやランジェリーシートによる摩擦等により皮膚が刺激を受けること。二つ目にサイズの合わない窮屈な下着を着用することによる皮膚の圧迫。三つ目に不規則な生活や睡眠不足、妊娠・出産等によるホルモンバランスの乱れが原因として考えられます。

しかしどの原因も生活している上で避けようのないことばかりですし、一度沈着してしまった黒ずみは諦めるしかないの?と不安になる方もおられるでしょう。しかし実際には日々の生活に以下の3つのことを意識して行うことで黒ずみは改善されるのです。

一つ目は黒ずみ改善クリームを塗布することです。このクリームはメラニン色素抑える効果が高く、一度沈着してしまった黒ずみを薄くする効果もあります。またデリケートゾーンの皮膚組織の乾燥を防ぐことで、肌荒れから進行する黒ずみを防ぐ効果も高まります。黒ずみクリームは入浴後にボディークリームの代わりに、デリケートゾーンに塗布するのが効果的。更に黒ずみが気になるなら朝の着替えの際にも塗布するとよいでしょう。

二つ目にデリケートゾーンは強くごしごし洗わないことです。元々皮膚の薄いデリケートな部分であるデリケートゾーンを強く洗うことで、刺激になってしまい黒ずみが悪化します。むしろ指の腹や柔らかめのボディースポンジやタオルを使用し、なでるように優しく洗うことを心がけてください。この際成分の優しいデリケートゾーン専用の石鹸を併用することもおススメです。

三つ目に生活習慣の見直しです。先にも述べたように不規則な生活や睡眠不足はホルモンバランスを乱し、肌のターンオーバーに支障を与えます。そのため意識して規則正しい生活を送るようにしましょう。この際下着も通気性の良い自分のサイズに合ったものを選び直すとよいですね。

これを読めば悩みも解消!デリケートゾーンの黒ずみの原因と解決法

自分自身のデリケートゾーンをまじまじと見ることってなかなかありませんよね。その為、ある日鏡で黒ずんでいるのを発見してショックを受けた!という方もいると思います。

デリケートゾーンが黒ずんでいると、遊んでいそう・臭そう・汚そうなどとあまり良いイメージを持たれることはありません。なので、黒ずみを見つけたらすぐに対処することをオススメします。

対処するためにはまず原因を知っておかなければなりません。

そこで、ここではデリケートゾーンの黒ずみの原因と対処法についてお伝えしていきます。

そもそもデリケートゾーンが黒ずむ理由は何?

きつい下着やストッキングなどで起きた摩擦

肌を締め付ける下着類はムレを発生させやすく、肌トラブルの原因となります。

一度肌トラブルを引き起こすとそこが黒ずんでしまう可能性があるのです。

毛抜きやシェービングなど自己処理によって発生した肌への刺激

これらの自己処理はデリケートゾーンにはかなりの負担になります。

毛穴や肌に摩擦が生じることによりメラニンが発生し黒ずんでしまうのです。

年齢や生活習慣による肌のターンオーバーの乱れ

年齢を重ねたり、生活習慣が乱れてくると、体の新陳代謝が乱れてきます。

そうなるとデリケートゾーンの角質もうまく剥がれ落ちなくなりたまってしまいます。

それが黒ずみとなるのです。

デリケートゾーンの黒ずみ解決法は!?

では、起きてしまった黒ずみはどのように解消すればよいのでしょうか。

一番良いのはデリケートゾーンに刺激を与えないことです。

下着もワンサイズ大きいものを着用し、アンダーヘアの自己処理も一旦中断することで時間がたつにつれ黒ずみも解消されることでしょう。

しかし、これは現代の女性にはなかなかできることではありません。

そこでおススメしたいのがデリケートゾーンのお手入れクリームです。

天然由来の保湿成分や美肌成分がたっぷり入ったクリームを使用することで、たまった角質剥がれ落ちやすくしながら、黒ずみもケアしてくれます。

上手に活用しながらデリケートゾーンの黒ずみを解消していきましょう!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

日常生活の中で陰部に黒ずみが出来てしまう2つの原因

NO IMAGE

くるぶしの黒ずみは様々な要因で発生すると考えられている

NO IMAGE

ビキニラインが黒ずみやすいとされている理由について

NO IMAGE

お尻の黒ずみはどうして起こるの?改善法はあるの?